【菅原伝授手習鑑 車引】
【棒しばり】
今年はこの2作品。
1800円!
3階席でも、歌舞伎座より近いというか見易く感じた!

「菅原伝授~」は三兄弟が2対1の敵味方に分かれ、敵の親分が乗った牛車を囲み争うお話。
梅王丸と桜丸が味方、松王丸は敵の親分に遣えている。

梅王丸は、力任せな荒くれものっぽい感じ。
桜丸は、知性的な優男ぽい感じ。
このコンビが、まるでマンガに出てきそうなキャラクターで…桜丸はいかにも女性ファンがつきそうな感じ。
5月に見た『寿曽我対面』も、性格も容姿も反対の兄弟のお話で、現代のアニメやマンガでもよくみるキャラ設定だな~と思った次第。
きっと当時の女性たちは、私は梅王丸派、私は桜丸派、そんな話したんじゃないだろうか。

実際、女形のイメージが強い新悟さんが桜丸を演じられていて、とってもイケメンで素敵だった。だから私は桜丸派。
もっともっと立役の新悟さんを見てみたいと思った。

初めて見た作品だが、お話は分かりやすくて、見た目にも華やかで、観賞教室にぴったりの作品。

「棒しばり」は、シネマ歌舞伎で見て、いつか生で見てみたいと思った演目。
これは、自分の好きな役者がコンビ組んでくれたら、絶対に見たいなと思った。
もちろん、今回も楽しかった!
皆憎めなくて、こういう優しい世界がいいなと思った(笑)


なんと、1分間の写真撮影タイムがあって!
これがあるなら一階席で見れば良かった!
BeautyPlus_20190724172241539_save