小説、ロクヨンを読んだ。

上下巻を1日1冊ずつ、あっという間に終わってしまった…もっとあの世界のなかにいたかった…

記者とのやりとりが、クライマーズハイみたいだな~と思って読んでいたら同じ作者だった(笑)

もちろん、後半の息をのむ展開は読んでいてハラハラドキドキして面白いのだけど、そこに至るまでの記者との攻防もとても面白かったし、そういう苦悩があるのか、とか、駆け引きがあるのか、とか、見識を拡げてくれた。

映画版だとここが長すぎるとか、そういった批判のコメントも目にしたけど、どうなのだろう。
見てみたい。
映画クライマーズハイでもとても見応えがあったから。


とにかく、移動時間を楽しませてくれる小説だった。


BeautyPlus_20190729152916321_save