保護から、およそ5ヶ月が経過。
二度目の実家帰省を体験した鹿之助です。

実家に到着した直後はビビっていたので、おばあちゃんの部屋にトイレやごはんを置いて、出てきたくなるまで待っていましたが…
DSC_5518
すっかりリラックス。
2階まで縦横無尽に駆け回ります。

両親にもゴロゴロスリスリして両親大喜び!
良かった良かった。
しかちゃんはとってもスレンダーな体型なので「都会生まれは違うなぁ」とか父に言われてます(笑)


一方小十郎は、後輩がいるからか、余裕ぶっている感じ(笑)
DSC_1975
「実家?新幹線?余裕ですけど~」



実家にいた猫ぴーちゃんが姿を消したのが2016年5月19日。
最期にぴーちゃんの姿があった木の根元にはお花が植えられていて、手を合わせてきました。
最後の力を振り絞って、猫らしく、姿を隠して最期を迎えたぴーちゃん。15歳3ヵ月。天国で元気よく駆け回ってることと思います。


そんな思い出の場所もある我が家のお庭。
こじゅも堪能しました。
DSC_5658
「くんくん」

DSC_5672
「くんくん」


嗅いでばかり(笑)
でも楽しそうにルンルンして歩く後ろ姿が可愛かったです。
鹿之助は危険なのでまだ外には出せません!
いや、ずっと出せないかも!すばしっこいので…